「虹」の歌詞 CHARCOAL FILTER

2003/8/6 リリース
作詞
大塚雄三
作曲
小名川高弘
文字サイズ
よみがな
hidden
人生じんせいは いつも一度いちどきりだと
あたまでわかってるつもりでも
まよいながらめないで
だれかにさきされてた

ひとよわさは ひとやさしさ
だけど きっと それだけじゃきられない
らないものはすべててよう
うれいも不安ふあんかがやきだけをのこして

青空あおぞらかったはかなにじのように
しあわせは永遠えいえん一瞬いっしゅん
ほこらしくなるようなゆめだけがゆめじゃない
いまだけがぼくのすべてさ

かぞえきれぬゆめてきた
ちいさなあこがれもふくめて
そのほとんどをぼく見捨みすてた
それでも一粒ひとつぶ のこった

それをいまでもあたためているんだよ
まわみちもそんなにきらいじゃない
ほしねがいをかけたこともある
だけど きっと未来みらいぼくにしかえられない

らばった明日あしたをこのあつめよう
しあわせはぼくなかにある
青空あおぞらのこったにじはやがてえる
いまだけがぼくのすべてさ

いまこそがぼくのすべてさ