「ココロノドア」の歌詞 CHEMISTRY

2008/11/19 リリース
作詞
Satomi
作曲
五島良子
文字サイズ
よみがな
hidden
まち中行なかゆふゆ恋人達こいびとたち
ぼんやりてると ふとした瞬間しゅんかん
ずっとひとりだった にさせられる

きっと…あの日君ひきみぼくのココロノドアを
はなったままで なみだいて
けてしまったから?

どうしてあのときぼくきみのこと
きとめもしないで
ちいさくなる
後姿うしろすがたいかけたんだろう

ひとりでいることにまだれないよ
きみがいないはじめてのふゆがやってきた

もしも…あの日君ひきみぼくのココロノドアを
けずにいたなら いまでもずっと
いとしさはつづいたかな?

どうしてあのとき ぼくはなれてく
気持きもちにも気付きづかず
ただひたすら
きみ仕草しぐさいかけたんだろう

なさけないけれどおもった
ひとりごすはじめてのふゆがやってきた

部屋へやのこされた ふたりのヌケガラは
あのときのまま ぼくだけがここで
まっている

どうしてあのときぼくきみのこと
きとめもしないで
ちいさくなる
後姿うしろすがたいかけたんだろう

ココロノドアをいまはなったままで
きみがいないはじめてのふゆがやってきた

きみはいま何処どこに―