「君をさがしてた~The Wedding Song~」の歌詞 CHEMISTRY

2001/6/6 リリース
作詞
川口大輔
作曲
川口大輔
文字サイズ
よみがな
hidden
きっとづけなかった きみはじめて出会であうその瞬間ときまでは
ひとりできていけるとおもって あるいてたんだ

じっとかかんでた どんなまよいも どんな心残こころのこりも
あどけない微笑ほほえみが 全部ぜんぶ ばしてくれた

ずっとずっときみのそばで だれよりもちかいこの場所ばしょ
なによりもつよ気持きもちでぼくきみまもつづける

やっとかったはずなのに った途端とたんつよがってみせたりして…
これまでも これからも かえすかもしれない

つたえたい言葉ことばさえ つけられないとき涙流なみだながそう
ぼくたち二人ふたりならば すべてえてゆくだろう

ずっとずっときみのそばで だれよりもちかいこの場所ばしょ
なによりもつよ気持きもちで ぼくきみまもつづける

ひかりのまぶしいあさでも かぜきつけるよるでも
いつのでもかわらない気持きもちで ぼくだけをててほしい

ほしつぶかぞえて ためいきついた これだけの偶然ぐうぜんなか
たったひとつ ふたりのなかまれたものは
奇跡きせきなんかじゃないから

ずっとずっときみのそばで だれよりもちかいこの場所ばしょ
なによりもつよ気持きもちで ぼくきみまもつづける

今日きょうもあしたもあさっても どれだけのときがたっても
これだけはかわらないんだ ぼくきみだけをつめている

きっとかってたんだ きみはじめて出会であったその瞬間ときには
さがしつづけてたんだ ぼくきみをさがしてた

ぼくきみをさがしてた

きみをさがしてた