1. 雨上がりの虹のように歌詞

「雨上がりの虹のように」の歌詞 CHEMISTRY

2007/4/25 リリース
作詞
平義隆
作曲
平義隆
文字サイズ
よみがな
hidden
雨上あめあがり にじのように なみだのそのあと きみ微笑ほほえんでくれるように
七色なないろ日々ひびいろどっていくから ぼくらの歴史れきしきざんでいこう

きゅう雲行くもいきがあやしくなって みちはぬかるみ 足止あしどめをくらって
雨宿あまやどりしたコンビニの軒先のきさき ずぶれのぼくきみわらいかけていた

他人ひといたみさえも かえりみずに 闇雲やみくもにただひたはしってたんだ
あの日君ひきみにめぐりえなかったら 自分じぶんまでもキズつけてしまってた

きりけむり街角まちかどきみふるえていたんだね
だれかのために出来できること ようやくぼくつけようとしているよ

目覚めざめたら 太陽たいようぼくらのはじまり らしてくれてるはずだから
きみのため 日々ひびいろどっていきたい ぼくらの奇跡きせきこしていこう

世間せけん矛盾むじゅんばかりと して いつだってげてばかりいたぼく
がっていたこころもろさを きみのひらですくいとってくれたんだ

雨上あめあがり にじのように なみだのそのあと きみ微笑ほほえんでくれるように
七色なないろ日々ひびいろどっていくから ぼくらの歴史れきしきざんでいこう

ぼくらの歴史れきしきざんでいこう