「Once Again」の歌詞 CHEMISTRY

2009/11/4 リリース
作詞
jam,川畑要
作曲
藤本和則
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめ何度なんどでも ひかりへとわる
しんじるままに ばせばいい
これからはひとりじゃない
はじまりを今始いまはじめよう きみ

がむしゃらにごした日々ひび きざまれるページの
大切たいせつさにも 何一なにひとづけてはなかった

ゆるされる時間じかんえ よけいなことまで
りはじめては 見失みうしなゆめからもとおざかっていた

きみぼく名前なまえ手探てさぐりのやみなか
そのこえしずかなつよぼくひかりげてくれた

どんなとおくても はしつづけてく
ひとつのそらきみって
ぼくはもう ぼくのままで
いられると かったんだ

ゆめ何度なんどでも ひかりへとわる
しんじるままに ばせばいい
これからはひとりじゃない
はじまりを今始いまはじめよう きみ

てき味方みかたのふたつに 世界せかいけてた
臆病おくびょうなのは ぼくほう きみだけが かってたね

あめれば れたらいい そんな簡単かんたんなことさ
もう一度いちど 子供こどものように 両手りょうて かぜおおきくひろ

さがつづけてく 太陽たいようのカケラ
こころつよゆび場所ばしょ
かげひかりなんて
もう二度にどしがらない

ひと何度なんどでも こたえをつける
っすぐつよひらけばいい
ぼくはもうひとりじゃない
ここから明日あすちかづいて ゆこう

寝惚ねぼけた目擦めこす家飛いえとした まだねむまちした
にぎりしめた のひらであばれるでっかい夢胸詰ゆめむねつんだ
いゲームでもいいさ わらわれようがなんともないさ
体駆からだかめぐあつおもいが 自信じしんちあふれていた

まどうつ自分じぶんつよくうなづきかけた

どんなとおくても はしつづけてく
ひとつのそらきみって
ぼくはもう ぼくのままで
いられると かったんだ

ゆめ何度なんどでも ひかりへとわる
しんじるままに つかればいい
これからはひとりじゃない
はじまりを今始いまはじめよう きみ