「恋花火」の歌詞 CHIHIRO

2012/8/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
花開はなひらちてく
一瞬いっしゅんのキラメキ
最後さいご花火はなび
二人ふたりみたいだった

あなたのうつ
わたしちがってる
ひとごみまぎれても
つなげようとしない

ながくてとおかえみち
いかけたって とどかないおも

あいしたかずだけなみだがあるなら
もう二度にどこいちたくはないよ
とおくなる背中せなかにさよならをげた
でもそのかどがるまでわないで
恋人こいびとでいて

ほんとはずっとぎゅっときしめたかったのに
ほんとはずっともっといられるとおもってた

夏風吹なつかぜふいたらせつなくなったのは
どこかでわりだと予感よかんしたから

あなたのうしろをあるくのがきだった
むかしならきしめてかたもよせてあるいたのに

ねぇりむいて 名前読なまえよんでみて
ねがっても もうとどかないおも

あいしたかずだけなみだがあるなら
もう二度にどこいちたくはないよ
とおくなる背中せなかにさよならをげた
でもそのかどがるまでわないで
恋人こいびとでいて

夜空よぞらいた花散はなち
一瞬いっしゅんなか永遠とわえた
はかないよ さみしいよ
ねぇ えないで
あなたをうしないたくない

あいしたかずだけなみだがあるなら
もう二度にどこいちたくはないよ
とおくなる背中せなかにさよならをげた
でもそのかどがるまでわないで
恋人こいびとでいて

ほんとはずっとぎゅっときしめたかったのに
ほんとはずっともっといられるとおもってた