「流星のナミダ」の歌詞 CHiAKi KURiYAMA

2010/2/24 リリース
作詞
田中秀典,中山豪次郎
作曲
中山豪次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
Sail 今僕いまぼくらを世界せかい
かぜおとてずにれてる
Same いつかおとずれる 出会であいもわかれも
ひとつの時間ときなか

どんなにはなれて それぞれのあさ
むかえても おもいはわらない

ほら きみのいままでが ぼくなかにあるから
一人ひとりだけど一人ひとりじゃない もうさびしくなんてないから
しずんでも ほしまたたかなくても
そらはつながっている いつでも

Fly 両手りょうてとらえた 飛行船ひこうせんいま
どこへかい んでくんだろう
Cry なみだってる 本当ほんとう意味いみ
かなしみのつづきを

どんなにつめたい あめよるでも
みみをすませば こえてくる

きみこえかんじて どこまでだってける
おそれるものはなにもない つよさもよわさもぜんぶいて
のぼっても ほしまたたいてるんだろう
ひかりかげのように ぼくらも...

足元あしもとかすめた 低空飛行ていくうひこうとり
ぼくはすこしだけ かまえた あっという
えなくなった
昨日きのう明日あすのあいだの
戸惑とまどいも ざわめきも

la lai lala lai lalai la lalalai lalalai lala
la lai lala lai lalai la lalalai lalalai lala

ほら きみのいままでが ぼくなかにあるから
一人ひとりだけど一人ひとりじゃない もうさびしくなんてないよ
しずんでも ほしまたたかなくても
そらはつながっている いつでも

はかな夜明よあけの