1. 純心の目歌詞

「純心の目」の歌詞 COCK ROACH

2004/10/27 リリース
作詞
遠藤仁平
作曲
COCK ROACK
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽系たいようけいちいさなほしまれて
民主主義みんしゅしゅぎちいさな島国しまぐにそだった
おなかお人達ひとたちおないろいき
それぞれの孤独こどく欲望よくぼう無音むおん笑顔えがおかくしている
そら見上みあげた黒眼くろめくもうスピードで
いつしかぼくこけえたきりあさよう
かすんでいてすべくもってえるんだ
コンクリートを一歩一歩踏いっぽいっぽふみしめてゆく
だれかのがもつれるあしつかんでいる
「ほらこっちへしいならすべてくれてやるぞ」
「いいえいりませんまれたください。」
まれた

まれたそらたんだ
しろっぱあかかぜえた
ほしのひらにきみわらった
まれた
まれた
まれた

まち欲望よくぼうきるまでよるけず
帝都ていとほこらしげにネオンでかざっている
たおれたおとこまわりりにむらがる人々ひとびと
それを横目よこめ足早あしばや人々ひとびと
「おい大丈夫だいじょうぶか?このつかまれ」
こころなかぼく右手みぎてしている。
本当ほんとぼく右手みぎてこおりついたまま
人込ひとごみにまれ何度なんどかえ
本当ほんとやさしさと偽善ぎぜんおそれる気持きもちが
ざりった時点じてん偽善ぎぜんなのかもしれない
ぼくまれたははがくれた笑顔えがお
そのまま笑顔えがおかえしたひとみを、、、。

まれたそらたんだ
しろっぱあかあめれた
かさ片手かたてきみわらった
まれた
まれた
まれた