「蛭」の歌詞 COCK ROACH

2004/10/27 リリース
作詞
遠藤仁平
作曲
COCK ROACK
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなか鬱病うつびょうひるわせて
だれもいない廃街はいがいあるいてゆく
つめたい草原そうげん少女しょうじょんでいる
だれかが快楽かいらくわれて
くるいたつみはなにかじりつく

のうミソのかげじゃ目模様めもよう
だまりがこお絶滅ぜつめつ予感よかん

亡命ぼうめいたくらわたどり国境こっきょうえたその瞬間しゅんかん
とされた血沫ちしぶき
世界せかいあかあめらせた
そんなにりないのなら
ころせるだけころしなよ

ポケットのなか空想くうそう今日きょう
ぼく迷路めいろさそ
一錠いちじょう頭痛薬ずつうやくでそれは
頭痛ずつう悪化あっかさせるようなこと
瓦礫がれきやま中無数なかむすうびて
空飛そらと胎児達たいじたちのヘソノオを
つかもうとしている つかもうとしている

真夜中まよなか鬱病うつびょうひるわせて
だれもいない廃街はいがいはしってゆく
黄色きいろ花園はなぞのおとこくび
しの不安ふあんられて
つきにぶらがる

あしれるまで
はらわたがちぎれるまで
心臓しんぞうまるまで
のうミソがろけるまで