1. 記憶の水殿歌詞

「記憶の水殿」の歌詞 COCK ROACH

2004/10/27 リリース
作詞
遠藤仁平
作曲
COCK ROACK
文字サイズ
よみがな
hidden
ひかかがや海底かいていまれたまち
ぼくはそのなか唯々泳ただただおよぐだけのたま
流星りゅうせいさかな珊瑚さんご胞子ほうしざりあうそら
きみ唄声うたごえまち水流すいりゅうさかさまにえた
ただよなみなか 水流すいりゅうゆだねて
銀色反射ぎんいろはんしゃする 水殿すいでん永遠ずっと

海底かいてい火山噴火かざんふんかこくすべてのしゅらした
まちてたぼくはそのうたこえないほどとおくへ
あるこうりくうえ生存せいぞん進化しんか
わかれと殺戮さつりくかえ永遠ずっと

ぼくりくにのぼって数億年すうおくねんこく
水殿すいでんひびいたあのうたわすれた
そのまちきたことさえも
ぼくらはりくでのしゅ支配しはい賛感さんかん
ほかしゅやすことで世界せかいにした
にまみれた殺戮さつりく廃街はいがいきつけ
かみ」という幻想げんそうのもとにわら
かみ」という幻想げんそうのもとに

よみがえれ永遠とわ記憶きおく水殿すいでん
てたまち激流げきりゅうとあのうた
よみがえれ永遠とわ記憶きおく水殿すいでん
すべてをながして すべてをんだ

ぼくみみから大量たいりょうみずながんだ
しだいに細胞さいぼう隅々すみずみまで 脳内のうない隅々すみずみまでつつ
あのうた水音波すいおんぱようそのなか渦巻うずまいて
ぼく記憶きおく無限的むげんてき崩壊ほうかいさせる
ぼく一粒ひとつぶ水胞すいほうになり
ぼく一粒ひとつぶたまになる

この世界せかいわりをかざ一滴いってきなみだになる

ひかかがや海底かいていまれたまち
ぼくはそのなか唯々泳ただおよぐだけのたま