1. 首吊りの木歌詞

「首吊りの木」の歌詞 COCK ROACH

2004/10/27 リリース
作詞
遠藤仁平
作曲
COCK ROACK
文字サイズ
よみがな
hidden
旋風せんぷうった花吹雪はなふぶき
ときまるほどかがやいた
夜空よぞらまれた黄色達きいろたち
花園はなぞの中央ちゅうおう一本いっぽん

ぼく肉対にくたいという玩具おもちゃ
季節きせつごとにわるたましい
まぶたじればほらそこに
まれたあのもどれる線路せんろ

いつでもおいで
いつでもおいで

そらゆめみたい
すここわくて
つきにぶらさがるしずくよう
うつくしくなれるかな。

真夏まなつそらした
はなんでいたね
かぜいろえた
あのころになれるかな。
あのころになれたかな。

旋風せんぷうった花吹雪はなふぶき
ときうごすほど色褪いろあせて
夜空よぞらまれたしろくろ
花園はなぞの中央ちゅうおう一本いっぽん

それにぶらさがるぼくひとり
それにぶらさがるぼくひとつ