「君がくれたもの」の歌詞 CODE-V

2012/5/30 リリース
作詞
平義隆
作曲
平義隆
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてもっとやさしくなれなかったんだろう
ふたり二度にどえなくなることかっていたのなら
あの うでつかんできじゃくったきみ
なみださえぬぐえなかったぼくよわさをゆるしてしい
ひとり ひとごみにえてく
きみうし姿すがたはなれないままで
むねける

どんなに
さけんでも さけんでも とどかないこえ
あいすれば あいすほど とおくなるよ
きみうしなってはじめて
このあいおもさにがつくなんて

どうしてもっと素直すなおになれなかったんだろう
めきった日常にちじょうきみだけがぬくもりくれたのに
いつもわせてたあの交差点こうさてん
ちすくんできみ面影おもかげづけばさがしている
もしも やりなおせたのなら
きみ不器用ぶきようさも そのわがままさえも
められるよ

どんなに
いのっても いのっても かなわないねが
もとめても もとめても とおくなるよ
きみがくれたものすべてが
あいだった そのこと がついたんだ

ねえ ひとはあやまちをかえすことでしか
大人おとなにはなれないなんて

どんなに
さけんでも さけんでも とどかないこえ
あいすれば あいすほど とおくなるよ
きみうしなってはじめて
このあいおもさをった

いのっても いのっても かなわないねが
もとめても もとめても とおくなるよ
きみがくれたものすべてが
あいだった そのこと がついたんだ

あいだった そのこと がついたんだ