1. sandglass歌詞

「sandglass」の歌詞 CROSS VEIN

2015/3/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こぼちてては
二度にどがることのできないつめたいそこ
まるでめのように
蓄積ちくせきされた記憶きおく悪夢あくむ
いきひそめているの

わすれかけていたころ うず
なつかしいいたみが今甦いまよみがえるわ
かぜさえかない おだやかな日々ひび
しずかにうご

無情むじょうながれていく記憶きおく軌跡きせき
あとすこしだけこのときめて
かなしい結末けつまつわらないとしんじて
しあわせなゆめさせて

ながるるすな
うも一縷いちるひかりさえ もうえない
傍観者ぼうかんしゃ嘲笑あざわら
悲劇ひげきまく
うご
ひびれた砂時計すなどけい

さかさにすれば元通もとどおりと
そんな単純たんじゅんはなしではないわ
こわれかけのあい後悔こうかいすべ
めてしまいましょう

非情ひじょうなまでにあふしてくおも
もうすこしだけそばにいさせて
わりをげられた瞬間しゅんかんから
秒読びょうよ鼓動こどう
支配しはいされそうよ

わりをむか
あたらしい季節きせつがいまおとずれるわ
出逢であえた奇跡きせきをどうかわすれないで
むねきざうたうの

無情むじょうながれていく記憶きおく軌跡きせき
もうすこしだけこのときめて
いつまでもめることのない
ゆめでもいい
永遠えいえんがあるなら
ゆめのままで