「祈り」の歌詞 CURIO

1998/12/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねがいばかりが おおくて
つぶれそうなひと
ていた
なおさら おもなや
そのかお
ぼく自分じぶんかんじてた
せつなさに いきがつまる
ときがすぎるうちに
ぼくく すべては
わりつづけていくのに
ずっと ずっと とお
いのりはたか
おだやかなそら
つよあめ
みしめる
ないままに って
さびしい日々ひびは いつもおな
希望きぼう絶望ぜつぼう
狭間はざまをただ ながながれて
いとしいひとかお
かぶほどに
むねなか いっぱいになる
ゆっくりと そだちながら
身体からだのどこかで
ねむってる ぼくゆめ
ひかりみずをあげよう
ずっと ずっと とお
いのりはたか
いずみのように あふれて
はなのように
ちかづいていく
すこしずつ すこしずつ
こんなぼくにも ひかりはある
こおりつくようなよる
えて
のぞんだねがいに
とどけば ほら
世界せかいいまより かぎりなく
素晴すばらしい場所ばしょわる

ずっと ずっと とお
いのりはたか
もとめることの
素晴すばらしさがある
ちかづいていく
すこしずつ すこしずつ
さびしい日々ひび
いま
てしない
よろこびをのせて
Woo yeah-yeah
yeah-yeah… hu…