「粉雪」の歌詞 CURIO

1998/1/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
Ah- アスファルトらす
雨音あまおとそらから
ゆきりた
ぼくのひらに

ちいさなかりひとつで
ときめいたよる
いとしい日々ひび
わる景色けしき
いつしかまち
しめらすつめたいかぜ
銀色ぎんいろかがやえる
いつのにか
このむねにつきささる
トゲのように
ふかのこるだろう
Ah- あいすることさえ
ままならぬぼくいま
ウソをつくことで
すりぬける日々ひび
Ah- きみをなくしたとき
はじめて一人ひとり
ふるえる自分じぶん
おもらされ
気持きもちのすれちがいで
わからなくなる
今以上いまいじょう
あいせるのかなんて…
きみらす
りやまないゆきのように
つめたいのは
そぉ ぼくこころ Woh
Ah- 両手りょうてをのばして
くものかけらつかまえる
やみそうもない
しろ粉雪こなゆき
Ah- まちかりも
うすれていってゆっくり
あさちかづく
なが夜明よるあける

Ah- きみをなくしたとき
はじめて一人ひとり
ふるえる自分じぶん
おもらされ
両手りょうてをのばして
くものかけらつかまえる
やみそうもない
しろ粉雪こなゆき
Ah- アスファルトらす
雨音あまおとえてもまだ
こころ痛手いたで
いまえぬまま