「ハレルヤ」の歌詞 Chicago Poodle

2009/11/11 リリース
作詞
辻本健司
作曲
花沢耕太
文字サイズ
よみがな
hidden
今月こんげつあと10日とおかぼくらの記念日アニバーサリー
カレンダーにしるした ハッピースマイルのマーク
気合入きあいいれて予約よやくしたんだ 話題わだいのあのレストランを
そんなよくある平凡へいぼんなストーリーでいいんだ

何回なんかい何十回なんじゅっかい何百回なんびゃっかい何千回なんぜんかいつたえたくなるほど
あふしてくる「あいのうた」
どんなに困難こんなんでもなんべんでもころんでも ささえあいましょう
ハレルヤ いつまでも ふたりでられますように

駅前えきまえ交差点こうさてん かどのスタバをけて
2ふた信号しんごうわせ
いつもおくれておこらせてばかりじゃダメってそりゃそうだ
きみ愛想あいそつかされるまえ自己改革じこかいかく

最初さいしょから最後さいごまで最高さいこうだってわせてみたいとおもうけど
めのあまさはまだなおっていないのさ
あんまり期待きたいしないほうがいいというきみ一泡吹ひとあわふかせてやるよ
ハレルヤ 予測不能よそくふのう 物語ものがたりはまだ途中とちゅう

どうしてぼくといるの? どうしてきみがいいの?
どうしてかれあっているんだろう?
けないままでいい 永遠とわ疑問ぎもん

きみ笑顔えがおることは ぼくよろこびにわり
出逢であいにみちびいてくれたかみ感謝かんしゃ

何回なんかい何十回なんじゅっかい何百回なんびゃっかい何千回なんぜんかいつたえたくなるほど
あふしてる「あいのうた」をきみ
いたりわらったりんだりったり ふたりでいきましょう
ハレルヤ いつまでも
ハレルヤ いつまでも二人ふたりられますように