「ひとつだけ」の歌詞 ClariS

2013/6/26 リリース
作詞
重永亮介
作曲
重永亮介
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆきよるのこした
おもいはただひとつ

やぶてたちいさなかみ まだえない気持きも
こい意味いみ さがしたけど この世界せかいこたえはいみたい

あかレンガにもったゆき まどけてつぶやいた
きみいたい

ねえいてくれる? 不器用ぶきようわたしだけど
火照ほてったほほびてくかげ
よるがやってまえはなれちゃうまえ

ふゆ星座せいざちいさないのりをめたの
ひろ世界せかいで ただひとつだけ
かぎりないおもいを きみつたえたい とど

かぜそばかたならあるいてゆく二人ふたり
片道かたみちのバスにって このままずっとけたらいいのにな

まえあるくその指先ゆびさきれたとき つぶやいた
きみ名前なまえ

ほしあふれて いろど綺麗きれいそらまで
ばしたらとどくかなんて
ふざけあって わらって すこせつなくて

かじかんだちいさな光受ひかりうめて
このむねなか ただひとつだけ
かくせないおもいを きみつたえたい とど

ぼやけたつきけるかぜ ねむるのをかしてる
おもいのかけらをつないでくオリオン 躊躇ためらったほし
ながす ひとつだけ

ねえいてくれる? やさしくながれるメロディーを
ゆききみ笑顔えがお
つめあった瞬間しゅんかんはなれちゃうまえ

ふゆ星座せいざちいさないのりをめたの
ひろ世界せかいで ただひとつだけ
かぎりないおもいを きみつたえたい とど

ゆきよるにぎりしめた
おもいはただひとつ