「HANABI」の歌詞 Claris

2013/6/26 リリース
作詞
丸山真由子
作曲
丸山真由子
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかおり そっとかすめた
れる向日葵ひまわり まるオレンジ

川沿かわぞいの歩道ほどう とおった
浴衣姿ゆかたすがたれてたね
れない足元あしもと ゆっくりとあるいた
つないで

きみ見上みあげた あの花火はなび今年ことし
夜空よぞらいっぱい いてる わすれないよ
かがやきはまだ このむねでキラキラと
わらないおもいを らして
えてゆく 恋模様こいもよう

とおぎる 風鈴ふうりんおと
わりの合図あいず せつなくひび

かえりたくない」と えないわたし
気付きづいてくれた やさしさも
「もうすこしだけ」と はにかんだ横顔よこがお
おぼえてるよ

きみとこのまま ずっと一緒いっしょにいたい
ねがいはまるで あの花火はなびのように
おもなか きざまれた一瞬いっしゅん
わらないおもいを らして
うつ影法師かげぼうし

ただきみとなりわらっていたかった
すれちがうたび こぼれてゆくの
本当ほんとう気持きもちさえ

ねぇ こんなにもあざやかにいた
きみとふたりで ごしたあのなつ
どうしてもっと 大切たいせつにしなかった?
一雫ひとしずく つたった なみだいま

きみ見上みあげた あの花火はなび今年ことし
夜空よぞらいっぱい いてる わすれないよ
かがやきはまだ このむねでキラキラと
わらないおもいを らして
えてゆく 恋模様こいもよう