「雲路の果て」の歌詞 Cocco

1998/10/7 リリース
作詞
こっこ
作曲
こっこ
文字サイズ
よみがな
hidden
ちぎれたそら波間なみまから
こぼれさすひかりみちしるべ
ちかづいていく静寂せいじゃく
やわらいだ
ふちどりがえてる
昔見むかしみ聖書せいしょのページを
おもすとあなたがわらった
このさえ ひかり
らなければ なくて
いいものが あったよ
からだが あなたを
らなければ
きずるおももなかった
六弦ろくげんかなでるゆび
わたしだけ
まもるだけにはおさなく
くちづけははなびらにもれ
すなむようにベルが
おどかなしみをまと
つぶれた足舐あしなめてはうたった
このさえ ひかり
らなければ なくて
いいものがあったよ
からだが あなたを
らなければ
きずるおももなかった

ひかりとどかないうみ
あふれる
あなたがえるよ
小鳥ことりこえころしていれば
あの時翼ときつばされてたら
あなたが わたしを
いていたら
いまでも けあって
いられた?
このさえ ひかり
らなければ なくて
いいものがあったよ
からだが あなたを
らなければ
きずるおももなかった