「凍える夜に咲いた花」の歌詞 D'espairsRay

2007/4/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かえるその景色けしきにキミのかげさがしていた...

やすらぎをもとぎてきずつけ二人ふたり
こごえた孤独こどく寒空そらのぼはならせた

くずれていく予感よかんなか くしていた
しろひかやさしかった てのひらえたはなのように

ゆきうたよるきみおもうよ
こおりついたこの部屋へや
色褪いろあせた記憶きおくまぶしいくらい
孤独こどくめる...

もっていく過去かこいまつくりあげる
いやせないきず間違まちがいじゃない いつかえるから

いまちがそら見上みあわたってけるはず
いきしろめるころよみがえ記憶きおく きみれて

もどせない時間じかんやまぬように
あたえられたとき現在いま
あざやかな世界せかいまわるmerry‐go‐round
孤独こどくれて...

はなのようにれてしまっても
きみおもきみかんけぬける季節きせつむねなかで...

ゆきうたよるきみおもうよ
こおりついたこの部屋へや
あこがれた未来みらいのぞむように
孤独こどくきて...