「あと1cmのミライ」の歌詞 D☆DATE

2010/12/1 リリース
作詞
D☆DATE
作曲
Shinya Saito
文字サイズ
よみがな
hidden
あと1cmいっセンチのミライへと
とどくかわからないけれど
こたさがしてきてくことがこたえだ

かえみちのベンチに腰掛こしかけたら
かわいたためいき づかないうちについてた
まえいてくこと” 言葉ことばじゃ簡単かんたんだけど
時々飲ときどきのまれそうで

クチビルぎゅっとみしめて
くやしいこともちからえてけるように
さきすす

at one time
あと1cmいっセンチのミライへと
ぼくらはいきらしてく
どろにまみれたって
つよしんくこと
ばしてたそのゆめ
とどくかわからないけれど
こたさがしてすすんでくことがこたえだ

えないミライ あいまいでクライ
どこまでけばいいのかそうツライ
限界げんかいなんてみとめたくなくて
そうぼくらはしんじたくて

びついた自転車じてんしゃとあのそら
大人おとなになるっておもうよりむずかしくて
みしめたペダルはちょっときしんでも
どこまでもけるがしてた

あのぼくらに胸張むねはって
ゆずれないゆめきっとかたれるように
さきすす

I'm going
ただ一瞬いっしゅんのヒカリへと
ぼくらは今駆いまかけてく
みつけられたって
れないはなみたいに
とおばしてたその
とどくかわからないけれど
アシタはるとしんじてることがキボウだ

あとひとカケラの勇気ゆうき
えない明日あすえていく
目指めざすゴールなんて
どんなとおくたっていい
何度なんどぼくらはさけぶよ
精一杯大せいいっぱいおおきなこえ
きたいほどのホントのゆめ

あと1cmいっセンチのミライへと
ぼくらはいきらしてく
どろにまみれたって
つよしんくこと
ばしてたそのゆめ
とどくかわからないけれど
こたさがしてきてくことがこたえだ