1. 微熱歌詞

「微熱」の歌詞 D-51

2015/4/29 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
風車揺ふうしゃゆれるなつよる 昼間ひるまあつさがまだいてた
人混ひとごみをけてとおくでよう」きみぼくにぎめた

かがや花火はなびにしたまま れないかんビールと下駄擦げたすにして
いつもよりおそある二人ふたり さよならの意味いみさがしていた

ゆめなどければ はなれぬまま 季節きせつえていた
きみぼくすべてをただれていた

なつわり きみえてく なみだなか はかなさを
のこしたままで あきおとずふゆえて めぐときまで

元気げんきらしているでしょうか?」 貴方あなたらしくまだかがやいていますか?
かえせないままの言葉達ことばたちいまむねなか きざまれている

時間じかんなかぼくら こんなに未来みらい
価値かち意味いみわるとおもいもしなかった

ゆめわり きみれてほかにはもう なにもない
かなことなど あるのでしょうか ときえて むすばれるおもいは

なつわり きみえてく なみだなか はかなさを
のこしたままで あきおとずふゆえて めぐ

ゆめわり きみれてほかにはもう なにもない
すべてをてて 今会いまあいにいく ときえて つたえたいおもいと