「ボクは三日月」の歌詞 D.W.ニコルズ

2014/6/4 リリース
作詞
わたなべだいすけ
作曲
わたなべだいすけ
文字サイズ
よみがな
hidden
ずっとなにかがりなくて またひとつうたつむいでみる
たされるどころかけてゆき なみだれたよ

ボクは三日月みかづき 満月まんげつにはほどとおい それでいい それでいい

わずかなぬくもりかきあつ思春期ししゅんきすぎても物思ものおも
おもいまわらゆびをすりぬける

ボクは三日月みかづき 満月まんげつにはほどとおい それでいい それでいい
ボクは三日月みかづき 満月まんげつにはほどとおい それでいい それでいい

いつかキミをせて この世界せかいうつくしいんだよって
夜空よぞらひびわたこえ嗚呼ああ うたえたら

いつかキミをせて この世界せかいうつくしいんだよって
夜空よぞらひびわたこえ嗚呼ああ うたえたら

おとこまるくなったら そこでおわりだぜと
わらえてるうちは大丈夫だいじょうぶ 嗚呼ああ 大丈夫だいじょうぶ

まだ うたえるよ

心底しんそこれたあのひとは だれかのむねかれてねむ
恋心こいごころよ まだそこにいるか? みみをすましてる