1. Kの氷奏曲歌詞

「Kの氷奏曲」の歌詞 D

2010/7/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
荘厳そうごんなる逆水ぎゃくすいみちび城壁じょうへき
大湖たいこなみがり遠来えんらい賓客ひんきゃく歓迎かんげいする

まことしやかにささやうそ符号ふごうならべて

がた旋律せんりつ微笑ほほえみのうらあば
銀盤ぎんばんででおどるがいい 夜明よあけまで
つかわしき者達ものたち悪徳あくとく着飾きかざってをとり

あんずることはない 玉響たまゆらつくえる
あめ姿すがたはそう さぞかし特異とくいだろう

尖塔せんとうまでたっしたぼく神経しんけい今捕いまとらえる

べらせるゆび徐々じょじょ終章しゅうしょうへとはやまり

がた旋律せんりつ微笑ほほえみのうらあば
銀盤ぎんばんおどるがいい 夜明よあけまで
つかわしき者達ものたち悪徳あくとく着飾きかざってをとり

冷酷れいこく中枢ちゅうすうみゆくあお独奏美学どくそうびがくはんした代償だいしょうてに
くだった氷像ひょうぞうせたまたたきのさかしろちる