1. 一番星歌詞

「一番星」の歌詞 DAOKO

2015/3/25 リリース
作詞
DAOKO
作曲
小島英也 (ORESAMA),DAOKO
文字サイズ
よみがな
hidden
きらいなあの
死体したいになっちゃっても
だれもにしないんだろうなあ
ほしたちの消滅しょうめつ
よくあることのひとつ
しんどい時消とききえそなとき
一度いちどでいいから
きみの一番星いちばんぼし
になるほしになりたかった

明日あしたからは 明日あしたからは
うちなるパワー
爆発ばくはつさせて発散はっさんさせて
ながほしいくつもおこすの

だれもがひとつの惑星わくせい
きらめくそばから
えていく
づくのは
何億光年先なんおくこうねんさきになるのかな

きているうちにきらめけば
いつかはだれかが
つけてくれるはずでしょ
まもりにしてくれるでしょう

オトナに
なれないぼくら
こんな
都合つごういい不条理ふじょうり
背負せおうことが
使命しめい試練しれん

人生じんせいがいくつも
用意よういされてて
んでいい人生じんせいならいいだろう
だれもひかろうとなんてしないから
いっかいきり 花火はなびのように
かせてきましょ
ながめてきましょ
さま わたしきたあかし
おもってくれてるひとには
のこってく えずにのこってく
消耗品しょうもうひんってわかってるいのちなら
れるまでてるまで
使つかいましょう
どいつもこいつも
かがやける素質そしつもってるのに

だれもがひとつの惑星わくせい
きらめくそばから
えていく
づくのは
何億光年先なんおくこうねんさきになるのかな

きているうちにきらめけば
いつかはだれかが
つけてくれるはずでしょ
まもりにしてくれるでしょう