1. 神の雫歌詞

「神の雫」の歌詞 DEEN

2012/8/8 リリース
作詞
樹林伸
作曲
山根公路
文字サイズ
よみがな
hidden
あるとき 女神様めがみさま若者わかもの苗木なえぎあたささやいた
まずしいこの土地とちなえそだいのり ささげよーと......

やがて葡萄ぶどうみの宝石ほうせきのような
ひとしずくのワイン 若者わかものかもしたよ
せつなくてヤバい くちづけにた そのかお
コルクを けてごらん

恋人こいびと微笑ほほえみがたいならば
アロマふかき バーガンディがいい
目眩めくるめく官能かんのうしいのならば ボルドーをけようか

ひゃくはなく グラスのなか迷宮めいきゅう
あしれて けることない魔法まほう
とりこになったら 後戻あともどりは できないと
りながら もうまれない

恋人こいびと微笑ほほえみがたいならば
アロマふかき バーガンディがいい
目眩めくるめく官能かんのうしいのならば ボルドーをけようか

あなたのむねに いっぱいの花束はなたば
人生じんせい片隅かたすみ一杯いっぱいのワインを

あのとき 女神様めがみさま若者わかもの葡萄ぶどうあたえ なかったら
ぼくらのこの世界せかいいまよりも ずっと退屈たいくつだった
あなたと 出会であうことも なかったね
グラスしにつめい......あいう ことだって......