「恵比寿物語~unplugged ver.~」の歌詞 DISH//

2015/1/14 リリース
作詞
重永亮介
作曲
重永亮介
文字サイズ
よみがな
hidden
明日あした今頃いまごろはもうこのまちきみがいないとおもいたくなくて
恵比寿えびすえきまでかぞえる一歩いっぽ 改札口かいさつぐちまっている

春夏はるなつえてごした秋冬あきふゆ うつむ視線しせんさき雨降あめふ
さびしくおよかぜ きみぼく
5番線ばんせんのぼ電車でんしゃ背中せなか刹那せつな
あふれる笑顔えがおるよ

いつまでもいつまでも わすれないから わらいをかさねたおも
つよがりやさびしさも えていけるよ
はなれていても いつまでもきだから

駒沢こまざわどおりからほし交差点こうさてんけて恵比寿えびす公園こうえんまであるいた
たりまえていた景色けしき一人ひとりじゃ物足ものたりなくかんじている

二人ふたりなやんでえらんだこのみち 手探てさぐりですすんでくさき未知みち
せつなさがあふれる きみぼく
あふれそうなおもこのむね いだいたままゆめ旅路たびじくね
わらずきみつないで

よろこびやかなしみもかちえてた 憂鬱ゆううつくもわらばしたね
いままでもこれからもぼくむねにずっと
つづけるよ 奇麗きれいこころはな

二人ふたりみちはまださきこころしばなやみは
明日あした見失みうしないそうになっても
たくさんのアリガトウをむねひかりおかうえ
きっと笑顔えがおでまたえるから

このひろそらした ぼく出会であって ともごしてきたこのキセキは
いままでもこれからも ぼくむねにずっと
つづけるよ 色褪いろあせはしないから

いつまでもいつまでも わすれないから わらいをかさねたおも
つよがりやさびしさも えていけるよ
はなれていても いつまでもきだから