1. 夏の行方歌詞

「夏の行方」の歌詞 DIV

2012/8/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようむねがしながらなつをずっとっていた
けた 南風みなみかぜ 行方ゆくえ

わたるなら そうってよ!」
予報よほう難癖なんくせ やすみをってない…
満員電車まんいんでんしゃられねむ
サマータイム うら

世間的せけんてきにはバケーション
しゅう6フラストレーション
浴衣ゆかたのカップルれ!!!

ボクもこの季節きせつむねおどらす
少年しょうねんだった

太陽たいようむねがしながらなつをずっとっていた
キュンとるこころおさ
ビーだまみたいにちいさな夢見ゆめみつけたラムネのなか
ぼく最初さいしょがれたゆめ
とどかないびんなか

ちょろちょろまる
ガキにイライラしてたり
...本当ほんとううらやましい

飛行機雲ひこうきぐも先端せんたんまで
なつ行方ゆくえ いかけ

「ひとなつ恋路こいじとかけまして、線香花火せんこうはなびく」
理屈りくつだけが器用きようになって
おさなころ尺玉しゃくだまはかなえなかった
目蓋まぶたうらきついたまま

利口りこうなフリをえんじるうちに
卑屈ひくつ大人おとなになっていた
夕立ゆうだちたれている
ボクを浄化じょうかするあめ
ピチピチピチと

太陽たいようむねがしながらなつをずっとっていた
なつかしむあの日々ひび

ビーだまみたいにちいさな夢見ゆめみつけたラムネのなか
ぼく最初さいしょがれたゆめ

ひとはかならずともちゃんとかんっていた
なつわるさびしさを

大人おとなになっていくつのなつ足早あしばやぎただろう
ビルの隙間すきまからのぞそら
二度にどない?あのそら