1. 泣ける場所歌詞

「泣ける場所」の歌詞 DIVA(AKB48)

2010/10/27 リリース
作詞
秋元康
作曲
鶴崎輝一
文字サイズ
よみがな
hidden
秋風あきかぜになびくように
しろなみとおざかる
岸辺きしべくことなく まっすぐに
おもたちがおきかう

コンクリの防波堤ぼうはてい
こしかけるとひんやりする
太陽たいようりつけたあのねつ
もうどこかへえてしまったね

サヨナラ
ぼくたちが砂浜すなはまつくったやまくず
サヨナラ
かなしみに いま ながされそうさ

ひとみ じれば いまでもきみ
微笑ほほえみながらはなしかけてるんだ
いつものように ぼく見上みあげて
なつふくとなりにいるよ

携帯けいたいのこってる
何枚なんまいかのしゃメのなか
いぬとじゃれってるきみがピースして
そう最後さいごなにってるよ

突然とつぜん
地上ちじょうからあのそらのどこかへえたきみ
突然とつぜん
運命うんめいを どうめたのか?

ひとみ じれば いまでもぼく
出会であったころきみおもすんだ
これからずっと 一緒いっしょにいると
ちかった2人ふたりのことを…

ぼくのことを見守みまもってたそら
太陽たいようとし ける場所ばしょをくれた
きしめたいよ Ah-
きみをもう一度いちど

ひとみ じれば あふれるなみだ
おおきなこえきみ名前なまえんだ
どうしようもないくらい…
どうしようもないくらい…
ほしうつくしくひか

まぶた ひらいても きみはいないんだ
ぼくまえには くらうみだけがある
しずかななみわることなく
いとしさ 永遠えいえんはこぶだけ…