1. Re-sublimity歌詞

「Re-sublimity」の歌詞 神無月の巫女 より DJ HOSAKA feat. めぽみ。

2009/1/21 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
高瀬一矢
文字サイズ
よみがな
hidden
はるかにそっとらめくうれ葛藤かっとう記憶きおくうごかされ
目蓋まぶたにずっとしろ絶叫ぜっきょうこごえた

しずつきまよ
存在そんざいたしかに いまここに
っているのは
なみだなどもうながさない
ただえる瞬間しゅんかん

えない… けない… えない… まぼろしだけ
ときこうがわへとながされて まよになる ゆるせぬねが
こえだけ… ゆびだけ… 近付ちかづ温度おんどだけ…
とどかぬおもいが 千切ちぎられて夜風よかぜめる

そこはきっとまやかしと偶像ぐうぞうだっていてた
それなのにふか雑草ざっそうなか あまふっとゆだねた

のぼ太陽たいようまよ
偶然ぐうぜんひそかに仕組しくまれた
いっそ必然ひつぜん
まえに{今晒
ふかく}にいまさらされた{不覚ゆが感情かんじょう

けない… せない… わからない… 結末けつまつなど
何処どここうとも ただきみだけをまもりたくて さからっている
いまだけ… 過去かこだけ… つぐなう未来みらいだけ
すくえるのならば ててえてもいいと

言えない… 聞けない… 見えない… 幻だけ
時の向こう側へと流されて 迷い子になる 許せぬ願い

声だけ… 指だけ… 近付く温度だけ…
届かぬ思いが 千切られて夜風を染める
涸れ果てて消えてもいいと
君だけの光になると