「金木犀」の歌詞 Dew

2008/7/30 リリース
作詞
Yu Shimizu
作曲
Yu Shimizu
文字サイズ
よみがな
hidden
自転車じてんしゃでゆきましょう 心地ここちよいかぜほほ
ひとごみの電車でんしゃよりも あせをかいてまでもたのしめよ

りをして そらちか空気くうきえばれる
このさかをこえればすぐ あのころもどれるような

あの あのみちわすれない
オレンジのあいでいっぱい
二人ふたり秘密ひみつ絶対ぜったい
ときもどすひとつのカギ

帽子ぼうしにつめた金木犀きんもくせい
においとしてわたしもど
他愛たあいもないあのおも
あまにおいの秋模様あきもよう

おぼえきれないおも二等分にとうぶんしてあげましょう
あのきみはこのわたしに あのよるほしきみにあげる

すねたりしないで ひとつひとつおもすようにはなそうよ
ひとつのこえらさぬよう もっとちかくでおはなしてよ

なにからはなせばいいのだろう
ふくらむ気持きもちでいっぱい
二人ふたり秘密ひみつ絶対ぜったい
からめた小指こゆびまもるから

またうごすあの時計とけい
はなびらがはりくるわす 時間ときさえも
らないでとねがったあのころ
あまにおいの秋模様あきもよう

そんなかぜいたから
ごめんね おもすわ
わたしがまだってるのはわりのないやさしさだけ

帽子ぼうしにつめた金木犀きんもくせい
においとしてわたしもど
他愛たあいもないあのおも
くれないそらりばめた