1. Humanity歌詞

「Humanity」の歌詞 Dragon Ash

1999/7/23 リリース
作詞
KENJI FURUYA
作曲
KENJI FURUYA
文字サイズ
よみがな
hidden
うつわりのはやいこのまち おきぬけに一服擦いっぷくするマッチ
きてくためににつけたすべ 自分じぶん存在意義そんざいいぎすべ
にぎめまたつけるたび とびらけてあるたび
ちはだかるのは多難たなんみち けてはとおれぬいばらみち
すすむならきず必至ひっし 承知しょうちうえすすむならいいし
たからかにうたつづける この言葉盾ことばたてあるつづける
僕達ぼくらうたつづける キミたちなにかでここにならぼう

かなぐりてたニヒリズムのこう
きずつける以外いがい表現方法ひょうげんほうほう
となえてまない Give and Take
キミたちなにかでここにならぼう

日毎ひごとしてくしがらみのかず えてはかびわりおとずれず
キリキリまいのこの生活せいかつ せずでもきることめず
そうとするその一歩いっぽ とどまってふとかんがえる
そしてまたあるつづける つよくあることで自分じぶん価値計かちはか
まわりには仲間なかまがいる 共闘きょうとうしてくれるキミたちがいる
それでもきずうのではなく ともほこらしくわらいたい

自分じぶん自分じぶんであるための自覚じかく
きず以外いがい共闘手段きょうとうしゅだん
となえてまない Give and Take
まず自分じぶんちからでここにちたい