1. Viva la revolution歌詞

「Viva la revolution」の歌詞 Dragon Ash

1999/7/23 リリース
作詞
KENJI FURUYA
作曲
KENJI FURUYA
文字サイズ
よみがな
hidden
僕達ぼくらはこの時代じだいまれた意味知いみしるすべたずに
時間じかんなどにせずにひとねむり四角しかくそらしたでいつもどうり
太陽たいようまどそとをあざやかにらしまたあたらしい一日いちにちもたらし
ぎっぱなしのくつはいたところで空飛そらとべるはずもないし
はるかとおくのでは残酷ざんこく日々ひびつづくのにこんな僕達ぼくら
ちっぽけなかべまえちすくんでるような
うみのむこうの空赤そらあかまるころこんな僕達ぼくら
ちっぽけな かべなんざぶちこわしてつぎのことはじめよう さあ

そう あのころならとおえたとり場所ばしょとどきそうで
いま体流からだながれるこの気高けだかあかやして

勇気ゆうきってかかげたちかはなわらうようにながれる世界せかい
けようともにこんな時代じだい えるのは僕達ぼくら世代せだい
そう一人暗ひとりくら部屋へやでうずくまったまま なんもせずにそれじゃ臆病おくびょうなまま
時間じかん解決かいけつするってってそのまま ぬふりしてるならこのまま
ここにってる意義いぎがほしかった だから僕達必死ぼくらひっしたたかった
ちとった ちいさなプライドポケットにつめんで
またここにってみる すこしほこらしげなかお自分じぶんがいる
満面まんめんみをかべているキミたちがすぐまええる

さあ 目指めざさきひかりくもがちぎれえたならば
えきれないほどのかずいたむねきよせて

しがらみなくごした少年時代しょうねんじだいなくひびわらごえ
無責任むせきにんえがいたゆめ過去かこ話今はなしいまじゃもう
りやまない頭痛ずつうのたねはふくらみ時間じかんなみにおびえ
場探ばさがひまさえなく刻一刻こくいっこくきざながれにゆられ
それでもぼくをそっとつつみむキミのぬくもりずっと
つづくのにとどくのにぼくまったきりでなにもせずに
それじゃはじまらないねむりのなかすくいはない
だからぼく自分じぶん意志いしある不思議ふしぎいま戸惑とまどうことなく

そう あのころならとおえたとり場所ばしょとどきそうで
いま体流からだながれるこの気高けだかあかやして

ときにはつめたい風強かぜつよきつけていても
そとにはかなしいあめふりつづいているとしても
やさしいとりこえがほらざめをさそっている
ぼくらはうごしてまたなにはじめるでしょう