「少女と箱の唄」の歌詞 ELEKITER ROUND φ

2012/6/20 リリース
作詞
立花慎之介
作曲
西岡和哉
文字サイズ
よみがな
hidden
けたらしろ世界せかい たりまえ自由じゆう部屋へや
唯一ゆいいつ少女しょうじょ夢見ゆめみたもの はる彼方かなたあおそら

ベッドのうえにこっそりとどけとおおきく背伸せのびした
かすかな感触かんしょくさえもゆめとおさがにしみた

なみだぬぐったしろ世界せかい 自由じゆう欠片かけらのぞ部屋へや
夢見ゆめみ少女しょうじょ見上みあげたそら ほんのすこゆるされるかな

ベッドのうえひと背丈せたけぐらいおおきなはこ
わすれかけた微笑ほほえみで 必死ひっしになってよじのぼ

いきをきらせたはこうえ まえよりおおきく背伸せのびした
それでもりないあおそら くちびるつめてた

プライドだけ 姿すがただけ
あのころかげわかれをげて
またひとげる
きてる自分じぶんれて

ちいさくなったしろなベッド 居心地いごこちかったそら部屋へや
かずわすれてげて 無様ぶざまかさなるはこみち

あいされることって 孤独こどく世界せかいって
自分じぶんしんのぼった少女しょうじょ そんなきみぼく出会であった

あせかずはこまえよりはやげた
まだまだりないあおそら きみすこ目眩めまいがした

めたんだ えたんだ
いくつものいたえにして
何処どこまでも げる
いまある自分じぶんけて

くも見下みおろしきみたおれた
いたみのあまりかおゆがめて
しろ世界せかいとり
手紙てがみひといてった
ぼくせずにきみ
「カルク絶望ぜつぼうシタ」とつぶやいた
かるいもおもいもいのに……

手足てあしいたころのぼげる
きみえらんだみちだから ぼくわってあげられない

気休きやすめや なぐさめで
わかったふりはしたくないから
いたみいつも わすれるように
ずっとぼくうたうたうよ

いつも一緒いっしょげよう
きみあおそらとどくまで
そして一緒いっしょのぼりきろう
ぼくとなりうたつづけるから