1. 夜に咲く花歌詞

「夜に咲く花」の歌詞 ENDLESS

2007/12/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしみはいつも
すこいたまど隙間すきまをくぐりけてくる
おだやかなひかりらされた
横顔よこがお奇麗きれいだね

ったそらかげはじめてかぜはこ
まどけて見渡みわたしていたあわいオレンジいろ

よるはならされていた
ときはうつろいいろえて
どれほど僕達ぼくらつなぎとめていても
このをこぼれちて

あれからどれほどときぎたのだろう
そのおくにはいまでもるがないように
あの情景じょうけい
かがやいているだろうか

しんえる気持きもちとおはなれていても
きみおもいはかぜはこんでれてくるから

よるはなつぼみのままで
しろはなかせるために
ただ一人ひとりきりでよるつづける
どれだけ孤独こどくおそっても

いつかかならりゆくはずのはな可憐かれん
くずれそうな夜空よぞらかい蕾開つぼみひらいて

よるはならされていた
ときはうつろいいろえて
どれほど僕達ぼくらつなぎとめていても
このにゆらりと

かえすように
時代ときうつ
だからいま僕達ぼくたち
わすれられない情景じょうけい