1. 故意歌詞

「故意」の歌詞 ENDLICHERI☆ENDLICHERI

2006/3/1 リリース
作詞
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
作曲
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
文字サイズ
よみがな
hidden
アスファルトがタイヤにくすぐられる
こえきながら 表通おもてどお
ひらりめたかぜにこの両頬りょうほほ
ゆるおどらせた

うしろをある気配抱けはいだいて
こころ いてみる

あるからすこしずつかたちえて
きみへげるおもいは
想像遥そうぞうはる綺麗きれいである
ベッドがちいさくかんじることが
幸福こうふくはじまり
この何時いつしかたましいになって
時間飛じかんとべたなら
たずねてみようきみがまれた
やわらかくて未来みらいばしたちいさな
れよう あいしてる

どうでもいいことなんてひとつも
ないよ このこう

何気なにげなく出掛でかけたのにな...
5年経ごねんたとうとしてる

けでいどんだ過去かここいたちや
偏屈へんくつ故意こい
のこしてった ぼくのべかすを
はらけて地面じめんとした おと温度おんど
意識いしきもしないでさりなくらえた
かわったへんくせ
何時いつにかっていたの
きみじゃないとねえない
やさしさがむねつかんで はなさない

あるからすこしずつかたちえて
きみへげるおもいは
想像遥そうぞうはる綺麗きれいである
ベッドがちいさくかんじることが
幸福こうふくはじまり
この何時いつしかたましいになって
時間飛じかんとべたなら
たずねてみようきみがまれた
やわらかくて未来みらいばしたちいさな
れよう あいしてる