「君にとどけ」の歌詞 ET-KING

2011/11/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden

時間じかんわれるだけでごす 毎日まいにちにうんざりで憂鬱ゆううつ
いそあしでまた師走しわす がつきゃはるやなって始末しまつ
えない日々ひび とおのく距離きょり 2人並ふたりならんであるいたみち
1人歩ひとりあるたびふと見上みあ来年らいねんこそはと ただそらあおぐ

<センヨウ>
いたくてでも えなくてただ
たがいすれちが時間じかんこころ隙間すきまけていく
けの写真しゃしん やさしくわらうキミが むねける
いますぐにとどけたいおもい このそらえてどこまでも

<全員ぜんいん>
ふわり桜舞さくらまがる 明日君あすきみのところにため
とおかぜはなびらよ ひらからとどおもいよ

<イトキン>
あたりまえの日常にちじょう まち幻想げんそう いつもどおりのきみがいるなら
それでいいやなんて ごまかしながらくつヒモむすんで
見失みうしなったタイミング おもしながらあののように
みどり坂道駆さかみちかけるんだ ていてくれるとしんじながら


2人ふたり距離きょりはなれたとき きみ存在そんざいおおきくなる
電話越でんわごしにこえくたび きみぬくもりがこいしくなる
さみしいんはおれだけなんかな? たされないこころ
なか
つのるおもいをかさねたまんま つぎ季節きせつむかえる

<全員ぜんいん>
ふわり桜舞さくらまがる 明日君あすきみのところにため
とおかぜはなびらよ ひらからとどおもいよ


いつもこころささえなんだ っすぐなきみのあのには
いまなにうつってるんだろう 一緒いっしょ景色けしきいろあせず
おれ背中押せなかおしてくれている 何度なんどたすけられ
がれる おもいはわらずここにある

<イトキン&KLUTCH&センコウ>
めぐめぐ季節きせつなか さくらあと何度見なんどみれるだろう
きみ出会であえたこの場所ばしょおなおもいで花見上はなみあげて

<全員ぜんいん>
ふわり桜舞さくらまがる 明日君あすきみのところにため
とおかぜはなびらよ ひらからとどおもいよ