1. 沈まぬ太陽歌詞

「沈まぬ太陽」の歌詞 ET-KING

2012/12/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
<全員>
おれたちがすすみだすみちいまなにもないかもしれない
でもまえへ もっとまえへ しっかりみしめ足跡残あしあとのこ
おれたちをらす太陽たいようは いつまでもしずむことないから
さあまえへ もっとまえ一緒いっしょこうぜまだ明日あす


かうホライゾン 退路たいろはないぞ
ゆめ現金げんきん天秤てんびん んだエンジン
んだ円陣えんじん づきゃ一本道いっぽんみち
これがマイウェイ じっとって
月月火水木金金げつげつかすいもくきんきんで いつかホームランつカキーンって
あきらめてない はじまりの場所ばしょから
してやるよ はらそこから

<イトキン>
時給2,800円じきゅうにせんはっぴゃくえん仕事しごとなんて
そうつづくもんじゃないとわかってた
たすけてください たすけてください
何度なんど何度なんど歩道歩ほどうあるきながらいのった
ひる迷子まいご しあわせの遭難者そうなんしゃ
仲間なかまえる週末しゅうまつだけが
自分じぶんきてる時間じかんかんじれた

<全員>
おれたちがすすみだすみちいまなにもないかもしれない
でもまえへ もっとまえへ しっかりみしめ足跡残あしあとのこ
おれたちをらす太陽たいようは いつまでもしずむことないから
さあまえへ もっとまえ一緒いっしょこうぜまだ明日あす

<センコウ>
ここでけてしまうなら おれ情熱じょうねつなんてもんは
くそみたいなもんやな なぁせてやろうぜ
可能性邪魔かのうせいじゃまする意地いじなんかてYo
ったれよ何度なんどだって ぶったおれてもかまへん
いまがあるなら わらってってようぜ
最後さいごにはおまえたいあたらしい世界せかい


底辺ていへんなんておもってない
それでも現実げんじつうまくめない
仲良なかよしこよしのそのしのぎ
たがいの首締くびしめるのも潮時しおどき
そろそろブンりにこうぜ
横取よこどりされたぶんまでもど
りつける日差ひざしにほそめて
あの高架下抜こうかしたぬゆめもとめて

<全員>
おれたちがすすみだすみちいまなにもないかもしれない
でもまえへ もっとまえへ しっかりみしめ足跡残あしあとのこ
おれたちをらす太陽たいようは いつまでもしずむことないから
さあまえへ もっとまえ一緒いっしょこうぜまだ明日あす


どうすりゃいいかからないときでも
不安ふあんしつぶされそうなときでも
しんじるもんがあればなんも
おそれることなくすすめんぞ
あの日見ひみおな太陽たいようより
おれたちのなかにあるだろあか
リミットある人生じんせい このままゆめわらせはしない

<全員>
おれたちがすすみだすみちいまなにもないかもしれない
でもまえへ もっとまえへ しっかりみしめ足跡残あしあとのこ
おれたちをらす太陽たいようは いつまでもしずむことないから
さあまえへ もっとまえ一緒いっしょこうぜまだ明日あす

のないいかりはどこへ ちきれないかなしみどこへ
かぞえきれないよろこもとたたかおのれひかりかげ
のないいかりはどこへ ちきれないかなしみどこへ
かぞえきれないよろこもとたたかおのれひかりかげ