1. Bloom歌詞

「Bloom」の歌詞 EXILE

2012/12/5 リリース
作詞
Masato Odake
作曲
ATSUSHI
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめて出逢であった あのふゆ
それがあいだなんて まるでづかなかったけど
あんなにたのしく わらったこと
いままでに一度いちどもなくて ゆめをみているみたいだった

あたたかい部屋へやくもりガラス
しろいキャンバスへとえがいた あなたの名前なまえ
おおきなおおきな 文字もじこう
東京とうきょうまちがキラキラ かがやいていて綺麗きれいだった

戸惑とまどってばかりで それでもいたくなって
躊躇ためらってばかりいたから あなたをこまらせていたよね

青春せいしゅんなんて らずにきて…
なんとなくわたしが そうったとき
だまったままで 突然抱とつぜんだきしめた
わたしはあなたを きになりました


だれかがだれかを まもるなんて
けっして出来できないって そんなふうおもっていた
しあわせの意味いみゆめ意味いみ
なにもかもあなたが わたしまもりながらおしえてくれた

わたしだけのかたで あなたをんでみたら
ずかしそうなかおをして あなたはわらっていたよね

ばしたら そらとどきそうな
あの場所ばしょわたしこころめた
このさきずっと あなたのそばにいて
その笑顔えがおをずっと まもっていこうと


青春せいしゅんなんて らずにきて…
なんとなくわたしが そうったとき
だまったままで 突然抱とつぜんだきしめた
わたしはあなたを きになりました

ばしたら そらとどきそうな
あの場所ばしょわたしこころめた
このさきずっと あなたのそばにいて
その笑顔えがおをずっと まもっていこうと

つよくてやさしいあなたを きになりました