「careless breath」の歌詞 ブラックジャック21 ED EXILE

2006/3/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ためらいがちにせたひとみ
このがそのかみ せてた
れる吐息といきかんじながら
さまようくちびる けれどかさねた

あれからぼくたちは何度なんどとなく
とき隙間すきまつむいで
けっして約束やくそくできない
未来みらいだからこそ ただ純粋ひたむき

あきれるくらいにわがままなBreathブレス
すべてはあの時始ときはじまった
いつかは途絶とだえる運命うんめいBreathブレス
それをぼくらはりながら
かれあった

もしも時計とけいはずしたなら
永遠えいえんはあるの? きみささや
なにもいえずにこぼれちたいき
なみだむねらした

それならばなぜわたしれたの?
いいわけのひとつもいえずに
そしてめることもなく
きみ突然とつぜんここから姿消すがたけした

あきれるくらいにわがままなBreathブレス
もとめて、おぼれて、きずつけた
すべてをくした不用意ふよういBreathブレス
やむたびまたそのいたみがめつける

うそでもいい・・・と きっとのぞんでいた
きみ気持きもちにこたえきれず
臆病おくびょうなぼくがもしその時答ときこたえてたらまだ
つづいていたのか?

カラダがおぼえた不規則ふきそくBreathブレス
もう一度いちどすべてでかんじたい
体温ぬくもりそれしかしんじられず
おさえきれない衝動しょうどう

あきれるくらいにわがままなBreathブレス
もとめて、おぼれて、きずつけた
すべてをくした不用意ふよういBreathブレス
やむたびまたそのいたみがめつける