「かみさまでもえらべない。」の歌詞 Early Morning

2009/9/23 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
がつけば次々つぎつぎ友達ともだち
名字みょうじわっていく
わたしっていないものを
彼女達かのじょたちっている
なにえらびどんなふうきるかは
自分じぶんにしかえらべない
たと神様かみさまでもえらべない そう
すべ自分じぶんえらんだこととはいえ

結婚けっこん仕事しごとどちらをれば
しあわせなのかかんがえていたら
「たまたま一人ひとり」のだけなのに
さみしい一人ひとり」におもえてくるけど

自分じぶんだけじゃなくだれかも
一緒いっしょ笑顔えがおになれること
それがこころ辞書じしょにあるしあわせの意味いみ
えらんだ今日きょうまでの日々ひび
出会であった沢山たくさん笑顔えがお
そのかずだけもらえた気持きもちは
ひとちがってえてもしあわ

いかにもかよわくてたよりなさげで
まもってあげなきゃと
おもわれるようなわたしなら
今頃結婚いまごろけっこんできてたかなぁ?
たとえばあいするひとにもしも
なにかがこったとしても
うでまくりして大丈夫だいじょうぶわら
つよわたしにもかれるもする

だれもがおなほういて
もう駄目だめだとなげいているときに
ちがほういてるひとがスキマから
れるひかりつけたりする

自分じぶんだけじゃなくだれかも
一緒いっしょ笑顔えがおになれること
それがこころ辞書じしょにあるしあわせの意味いみ
だれでもい」を「わたしじゃなきゃ」に
えるつもりでいかなくちゃ
どんなかたえらんでも
きっとしあわせなどつけられない

自分じぶんだけじゃなくだれかも
一緒いっしょ笑顔えがおになれること
それがこころ辞書じしょにある
しあわせの意味いみ
えらんだ今日きょうまでの日々ひび
出会であった沢山たくさん笑顔えがお
そのかずだけもらえた気持きもちは
この方選かたえらんだわたしもらえたしあわ
だれでもなくわたししあわ