「キヲク」の歌詞 Every Little Thing

2002/5/15 リリース
作詞
持田香織
作曲
菊池一仁
文字サイズ
よみがな
hidden
ただひとつだけのキヲク むねおくにある
色褪いろあせた紙切かみきれには笑顔えがおのこった

"出逢であわなければよかったね"と冗談じょうだんでもどうしてえただろう
きみのそのやさしさに気付きづきもしないでなにてたのだろう

けば いつもそこにきみてくれるようながした
薄紅うすべにゆきって今日きょうわらぬかぜ
まだ上手じょうずわらえなくて

れるのもわすれてたしかめあうように
あんなにもあいしたことほこりにおもった

ためらいもなくきだなんてえてしまうきみ嫉妬しっとしていた
きみきだとおも気持きもちに理由りゆうなどなにらなかった

ふたりなら永遠えいえんさえかなうものだとしんじていたね
めた そのぬくもりいまもこののこってる
おもには出来できなかった

つたえたいコトがあった それはおかしいほど 簡単かんたん
うしなって やっと気付きづくそれはかけがえのないもの
けば いつもそこにきみてくれるようながした
薄紅うすべにゆきって今日きょうわらぬかぜ
キヲクのなか さがしていた