1. 路地裏のからすたち歌詞

「路地裏のからすたち」の歌詞 F-BLOOD

2008/1/23 リリース
作詞
藤井フミヤ
作曲
藤井尚之
文字サイズ
よみがな
hidden
アンタのしゃがれたそのこえに なぜかいやされて真夜中まよなかになる
ガラでもないのに牧師ぼくしのように 告白こくはく 永遠えいえん いてる

そんなうわさなんてにすんなよ
帳消ちょうけしにできるつよさをたぶんアンタはってる
むかしのうわさってるなんて
どこかつながる 過去かこがあるのさ

そんなにかなしいおれるな きたくなるだろう
こんな安物やすもの上着うわぎでいいなら そのかたにかけてやろう
わりにやさしい言葉ことばをダブルでそそぎたしてくれりゃいい
こんな路地裏ろじうらまりまるさびしいおすがらす

時々ときどき敬語けいご使つかいながら 時々ときどきからだをすりせてくる
クモののようにはびこるけむり おれきになれるかい

半分はんぶん睡魔すいまおそわれて
官能かんのう小説しょうせつ こころいてる

唾液だえき火薬かやくかんじるくらいに 不意打ふいうちなくちづけ
椅子いすからころち マリオネットのように手足てあしがばらばらになる
しんじる? しんじない? 自分じぶんできめてと煙草たばこをつける
こんな路地裏ろじうらまりまるあやしいめすがらす

むかしのうわさってるなんて
どこかつながる 過去かこがあるのさ

そんなにかなしいおれるな きたくなるだろう
こんな安物やすもの上着うわぎでいいなら そのかたにかけてやろう
わりにやさしい言葉ことばをダブルでそそぎたしてくれりゃいい
こんな路地裏ろじうらまりまるさびしいおすがらす