1. 雨になりそうな空歌詞

「雨になりそうな空」の歌詞 F-BLOOD

1998/1/21 リリース
作詞
藤井フミヤ
作曲
藤井尚之
文字サイズ
よみがな
hidden
こごえそうなビルの合間あいま ゴミにもれて
うずくませた野良犬のらいぬ
みみらし 上目遣うわめづかいに
しろ思考しこうにぽつり空腹くうふくだけをかんじる

空虚くうきょにすれちがかげつめて
うなれてさびしげなこええる

あめになりそうなそら あてもない孤独こどくいろ
ふとまった少年しょうねんべかけのあいした

アスファルトのうえ からちたおさなとり
まよこわれそうにさえず
無意識むいしきなか もがきながら
くつ隙間すきまけてれた羽根はねひろ

静寂せいじゃくかわいたかぜなか
不器用ぶきようばたいてちてくよ

あめになりそうなそら やるせないかなしみいろ
ふとすわんだ老婆ろうばひらあいつつ
放射状ほうしゃじょう交差こうさしてゆく今日きょうという矢印やじるしたち
あいという接点せってんもとめてきてゆくよ明日あすかって

こころのないからだ 実像じつぞうのないかげ うごけない すすめない
ゆめないひとみ 真実しんじつのない笑顔えがお こえもない なみだもない

もうすぐあめになりそうなそら てしなく刹那せつないろ
ふとまぶたじた自分じぶん存在そんざいするあいたしかめる
放射状ほうしゃじょう交差こうさしてゆく今日きょうという矢印やじるしたち
あいという接点せってんもとめてきてゆくよ

くもりガラスゆびぬぐなみだのように
うる無縁むえんひと行方ゆくえ
びともなく さきもなく
びた煙草たばこはいおともなくゆかこぼれる