「アンダンテ」の歌詞 FIELD OF VIEW

2002/7/10 リリース
作詞
Takuto kohashi
作曲
U-ya Asaoka
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのもそうだった
きみのやさしさに あこがれてた
でもそれを素直すなおることできなくて

ゆめまよあせ気持きもちをすべてぶつけた
ただなにわずに微笑ほほえんだ
ひとみさびしそうで…

かぜにひらひら なみだわる
きみむねおく はなびらよ
ゆっくりとはなれるふたりの距離きょり
あのころぼくかってなかった…

うつりゆく都会とかいかり
いそがしい日々ひびわけして
つぶれてたゆめさえも ろうとしていた

ほおをつたうなみだおさえた あのなつよる
ふるえてたきみほそかた
あんなにもちいさかった…

なみにゆらゆら ひろあつめる
自分じぶんよわただよかんでた
ゆっくりとなにかがけだしてゆく
そしてれたもの きみぬくもり…

そらにきらきら こころ欠片かけら かなしいいろかがやほしたちよ
それでも…

ゆっくりとふたり あるいてけたなら
それだけでいい きみがいてくれれば
もう一度いちどそのこころれたなら
つたえたい言葉ことば"あいしています"と…