「流星」の歌詞 FLOW

2004/2/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなにとおはなれていても ぼくたちはつながってる
夜空よぞら見上みあげてみれば ほら おな星輝ほしかがやいてる

ゆめへとかい 旅立たびだぼくに「がんばってね」と一言ひとこと
いつでもここにいるからとストラップつけてくれた
出発しゅっぱつのベル ひび中小なかちいさくりながら
必死ひっし笑顔えがおなみだかくすきみかたがふるえてた

いきをはきかけたまどつきいてる
二人ふたりおもい さくように未来みらい夜汽車よぎしゃはし

どんなにとおはなれていても ぼくたちは つながってる
夜空よぞら見上みあげてみれば ほら おなほし かがやいてる

ゆめへとつづなが月日つきひを がむしゃらにはしりながら
ちふさぐおおきなかべまえぼくまよつづけてた

あきらめかけてたときに おもいがけぬ手紙てがみ
元気げんきですか?」 その言葉ことばしずんだ気持きもちがふる

どんなにとおはなれていても ぼくたちは つながってる
夜空よぞら見上みあげてみれば ほら おなほし かがやいてる

ぼくらはいつでも一緒いっしょだから どんなよるえられる
しんじる気持きもちをめないで きっとゆめかなうから

どんなにとおはなれていても ぼくたちは つながってる
夜空よぞら見上みあげてみれば ほら おなほし かがやいてる

ラララララララララララ・・・・・・・・

ひろがる夜空よぞらあまがわ 僕達ぼくたちながぼし