「KANDATA」の歌詞 FLOW

2006/9/13 リリース
作詞
JUNJI ISHIWATARI
作曲
TAKESHI ASAKAWA
文字サイズ
よみがな
hidden
きみこえ笑顔えがおかえればいかけてくる
のぼれカンダタGOゴー......

まれわるためうえへとちからかぎのぼつづける
まるでいまぼくはカンダタ しがみついたほそ蜘蛛くもいと
きみとのながおもこころまどをふさぎこんでは
後悔こうかい地獄じごくのようなくらやみじこもっていた

かれてぼくがしてきたあやまぶん
つりあうだけの距離きょり見上みあげた

うしろをかえればすぐそこには
あの笑顔えがおいついている
ろうとすればするほど
ふかやみぼく手招てまねいている

きみうしなってづいた まぶしくそそいでたあい
蜘蛛くもいと 地獄じごくのようなこのやみそとへとしてくれ

どこへとつづいとかもからぬまま
彼方かなたかす光見上ひかりみあげた

うしろをかえればすぐそこには
あの笑顔えがおいついている
ろうとすればするほど
ほそいとれそうにれる

きみこえ笑顔えがおぼくかたける

でもまたかえればもう二度にどとは・・・
最後さいごのチャンスにいまけてみる
れるわけなどないから
きみがくれたすべてをれてくよ

このまま蜘蛛くもいと のぼつづけてく
あたらしい世界せかいまれわれるように
それでもふときみおもうと
ほそいとれそうにれる―――