1. サマータイムブルー歌詞

「サマータイムブルー」の歌詞 FREENOTE

2008/9/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
海沿うみぞはしくるま
びてゆく ひこうきぐも
ふさいでたわたし
ちいさいくるまめてした

気付きづきもしなかった わろうとする季節きせつ
あしなつ いかけるようにはし

あののあなたにいたいな
時計とけいはりもどしてよ
大嫌だいきらいななつもあなたが心躍こころおど季節きせつえてゆく
きたい気持きもちでいても
あなたがわらうから
またつられてわらってたわたし気付きづいた

相手あいてことなんて
かまわずにいたりわらったり
時々少ときどきすこしだけめんどくさい あなたがきだった

夕暮ゆうぐれのうみはもうおよげはしなかったけれど
湿しめった潮風しおかぜそっと
こころちかづけてくれた

あののあなたにいたいな
時計とけいはりもどせない
大切たいせつづくのはなぜいつもくしたあとなんだろう
きたい気持きもちでいても
あなたがわらうたび
またつられてわらってた自分じぶんきだった

もうすこしだけそばたいと
あの時言ときいえなかった
本当ほんとう大切たいせつ言葉ことばかくして
わがままなのはいつもわたしだったのに

あののあなたにいたいな
またきらいななつぎてく
いつかみたいな潮風しおかぜ
かれるたびおもしている
きゅんとなる記憶きおくなかであなたがわらうから
またつられてわらってしまうたび
えない日焼ひやあとみたいに
かすかなおもがされて
いたいんだ