「君がいたあの夏」の歌詞 Favorite Blue

1998/2/18 リリース
作詞
MAYA MATSUZAKI
作曲
t.kimura
文字サイズ
よみがな
hidden
すこしだけそれた 二人ふたりあい
交差こうさするときをしんじていた
めぐえたころやすらぎは
めぐることも ないままに

やさしく エピローグ
そっと かぜはこばれ
時間じかんえてく
きみがいた あのなつへと

つめたい素振そぶりで ごまかしてた
こまらせることで たしかめてた
臆病おくびょうになるほど つよがって
素顔隠すがおかくした 日々ひびだった

あふれる いとしさなら
いまわらないから
あのおな笑顔えがお
もう一度いちど きしめたい

色褪いろあせるおもいを 耳元みみもと
かんじながら ひとみじた

わかれは プロローグ
そっと かぜはこばれ
時間じかんえてく
きみがいた あのなつへと
わらない あの場所ばしょへと