1. 屋上へと続くドア歌詞

「屋上へと続くドア」の歌詞 GAKU-MC

2009/10/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
屋上おくじょうへとつづくドア そのドアはひらかないのさ
大空おおぞらへとつづくドア かぎがかかってかないのさ

その昔人むかしひとそらぶことができたんだ
わすれてるかもしれないが自由じゆうべたんだ
背中せなか肩甲骨けんこうこつは そのころ名残なごり
おおきくてつよつばさえてたアトだしね
心当こころあたりがなにかしらきみにもあるはずさ
およぐようにそらゆめとかまさにそうだ
景色けしきのいいところきたいのはどうしてだ?
ほしねがいをかけるのはどうしてだ? そうさ
んでたんだ いまでは退化たいかした羽根はねひろげてさ

人類じんるいべなくなったワケは諸説しょせつあって
うわさばなしやデマでっちげなんかも手伝てつだって
真相しんそうひといまじゃもういなくなったんだ
で、ぼく自分じぶんなりにかんがえてみたんだ
文明ぶんめい発達はったつ むろん科学かがく進歩しんぽ
反比例はんぴれいしてくようにうしなったんだきっと
ったそら そのそら汚染おせんからの避難ひなん
筋力低下きんりょくていか 体脂肪蓄積等たいしぼうちくせきとう遺産いさん
いまとなっては想像そうぞうですらそらべないのさ

どんなにつらときでも そらのぼれば平気へいき
にたくなるようなときこそ そらのぼれば平気へいき
そんな才能さいのういまではI don't know
れたもの うしなったもの そうやって 僕達ぼくたちはここにいる

そらんで解決かいけつしていたのはむかしはなし
べつ方法ほうほうつけなくちゃそらぶかわりに
屋上おくじょうからダイブしてもそらべません
つらくたってなんとかするしかありません
世界せかいわるよる今夜こんやみずかきみ
絶望ぜつぼう階段かいだんをたった一人ひとりがって
そのドアにをかけもしかぎがかかっていたならば
その意味いみ今一度いまいちど めるべきなんだ